勃起不全はジェネリック薬で負担軽減

世界初のED、勃起不全治療薬として開発されたバイアグラですが、経済的な負担を考えると、なかなか毎回使用するわけにはいかず、使わなくなった人もいます。
このような場合に、化学構造式がほとんど同じジェネリック医薬品を知っておくと、金銭的な負担を軽減して同様の効果があるED治療薬のジェネリック医薬品を使用する事ができます。
バイアグラの場合、化学構造式がほとんど一緒のものは、バイアグラの持つ特性がほとんど同じという事になります。
つまり、効く時間や持続時間など、バイアグラと同程度という事なのです。
しかし、バイアグラは最初の開発薬であり、後発の、持続時間や効果の効き具合を強めたりした薬とは違う事も覚えておく必要があります。
日本では医薬品の認証を得るのに一定の規準があり、とても時間がかかりますから、常に新しく工夫された新薬の利用は難しくなっています。
これを解消する方法が、ネット販売です。
日本での認可がされていない薬品でも、世界の基準で認められているジェネリック薬品があり、ネット販売では医師が推薦しているED治療用ジェネリック薬も多くあります。
バイアグラと同じ、シルデナフィルを主要成分とする化学構造式のものとしては、バルデナフィル、レビトラなどが該当し、水やエタノールに溶けやすい性質を持っています。
化学構造式のつながり方が長いバイアグラタイプの構造よりも、網目のようにつながり部分が多くなっている薬品、シリアスやタダラフィルなどは、つながりが強いので水に溶けず長持ちする特徴があります。
しかし、服用するうえでどのような効き方を期待するかによって、薬品の選び方に差が生まれますから、強い効き目を期待する人、長い効き目を望む人、弱くてもかまわない人など、それぞれで使う薬品が自分に合っているかどうかの感覚が異なります。